TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社


Satellite M30-801へDebian Gnu/Linux Sarge



東芝CentrinoノートブックM30-801に、Linuxを見事インストールする事に成功しました。
この機種のインストールメモがリストに無かった為、上手く動いている事を下記に報告致します。
SDメモリスロットおよび56kモデムについてはまだ使用出来ていませんが、その他については全て動いています


スピードスロットル機能は完璧に動作します。2.6.x系カーネルサポートにより、cpuのスロットル値を600から1500へ自動的
に上昇させる事が出来ました。
speedfreq daemonは、cpuの占有率が80%になると100MHzへスロットル値を上昇させ、再びチェックを開始、更には1.5GHz
にまで上昇させま
す。反対に、cpuの負荷がが20%以下になると、100MHzまでスロットル値を減少させます。


KB
Y
動作順調。既知の文字反復現象あり。これはカーネルの問題で、パッチの入手可。
Mouse
Y
動作順調。ロジテック製外部USBマウスもOK。
Xfree
M/Y
vesaドライバは動作OKだが、3Dアクセラレーション無し、ワイドスクリーンの対応無し。
Nvidiaドライバでの動作はOK。3Dアクセラレーション(GlXgearで約1600Fps - America's Army使用で平均30Fps)、ワイドスクリーン共に対応あり。TV出力についてはテスト未実施
Sound
Y
HDD
Y
dmaでもOK。
CDRW
Y
Gnome Nautilsでも動作OK。
PCMCIA
Y
Orinoco Wavelanカードにてテスト。
USB
Y
1、2共にOK。
USB FDD
  テスト未実施
Modem
テスト未実施
Shutdown
M
カーネル内のACPIを有効。
Reboot
Y
Suspend
テスト未実施
Hybernation
テスト未実施
SD Drive
N
Fn-Key
M
fnfxにて。acpi_toshibaモジュールをロード。
IRDA
テスト未実施
ACPI
Y
LAN
Y
Integrated wireless
M
ipw2100.sourceforge.netのフリードライバipw2100を使用。

Y-標準で動作 M-要設定 N-動作せず L-動作に制限あり