TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません

 

Libretto ff 1100VにVine 2.1.5(ftp版)



   * パーテーションを切り直してインストール
   * Xの設定
   * モデムの設定(ドライバのインストール)
  * USBーFDD(USBコネクタ接続)について
   * PCMCIAなCD-ROMドライブ
   * サスペンド
   * Toshiba Linux Utilitiesのインストール


---------------------------
  まずパーテーションを切り直します。買ってきた段階で6.4GB全部FAT32な
いわゆるCディスクでありましてこれを2つにまず切る。デフラグしてfips.exeを
起動します。fips.exeはハードディスク上においておきましょう。続いてWindows
に戻り、「コントロールパネル」→「Toshiba Hardware Setup」と行き、「USB」
タブで「USB Legasy Emulation」を「Enabled」にします。これでフロッピー起動
す
るようになります。 
    CD-ROMドライブがIBMのCD-20Xと言う奴でこれはPCMCIA-IDEですのでPCMCIA
サポートの起動ディスクを作ります。それでブートします。あ、Vineのバージョ
ンは2.1.5のftp版です。あとはいつも通りのインストール、の予定でしたが
ブートディスクを作るところでUSB-Floppyが起動後カーネルにコントロールが
移ったところで認識されないためハングしました。ここで電源をぶちきり
(わら)、再起動するととりあえずインストールは終わっているよう
です。立ち上がりました。 


最初の設定

    Vineのホームページによりますとrootでログインして # setup とかやると
設定が出来るそうです。これでネットワーク、サウンド、Xと設定しました。
ネットワークは東芝の10Base-TのPCMCIAなNICが動かないので、3Comの3CCE589EC
を使いました。問題なく認識しています。音もでるし、USBなマウスも最初から
使えてる。Xについては後述。 


X Windows System - XF86Configのこと

    とにかく画面のサイズが800x480というハイビジョン仕様(わら)。
XConfiguratorでやるとどうしても800x600になって画面の下の方が映らない。
そこで800x480といえばLibretto 100なのでgoogleでヒットしたXF86Config for
 Libretto100CTAというページの設定をそのまま試す。とちゃんと立ち上がる!
しかしUSBマウスがききません。そこで800x600用にXConfiguratorが作った奴と
これを混ぜる。

----------------------------------------  
 # XF86Config for Libretto ff 1100V 

 # ********************************************************************** 
 # Refer to the XF86Config(4/5) man page for details about the format of  
 # this file. 
 # ********************************************************************** 

 # ********************************************************************** 
 # Files section.  This allows default font and rgb paths to be set 
 # ********************************************************************** 

 Section "Files" 

 # The location of the RGB database.  Note, this is the name of the 
 # file minus the extension (like ".txt" or ".db").  There is normally 
 # no need to change the default. 

     RgbPath "/usr/X11R6/lib/X11/rgb" 

 # Multiple FontPath entries are allowed (they are concatenated together) 
 # By default, Red Hat 6.0 and later now use a font server independent of 
 # the X server to render fonts. 

     FontPath   "unix/:-1" 
     FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType" 

 EndSection 

 # ********************************************************************** 
 # Server flags section. 
 # ********************************************************************** 

 Section "ServerFlags" 

     # Uncomment this to cause a core dump at the spot where a signal is  
     # received.  This may leave the console in an unusable state, but may

     # provide a better stack trace in the core dump to aid in debugging 
     #NoTrapSignals 

     # Uncomment this to disable the  server abort sequence

     # This allows clients to receive this key event. 
     #DontZap 

     # Uncomment this to disable the / mode
switching 
     # sequences.  This allows clients to receive these key events. 
     #DontZoom 

     # useful for usb mouse 
     AllowMouseOpenFail 

 EndSection 

 # ********************************************************************** 
 # Input devices 
 # ********************************************************************** 

 # ********************************************************************** 
 # Keyboard section 
 # ********************************************************************** 

 Section "Keyboard" 

     Protocol    "Standard" 

     # when using XQUEUE, comment out the above line, and uncomment the 
     # following line 
     #Protocol   "Xqueue" 

     AutoRepeat  500 5 

     # Let the server do the NumLock processing.  This should only be  
     # required when using pre-R6 clients 
     #ServerNumLock 

     # Specify which keyboard LEDs can be user-controlled (eg, with
xset(1)) 
     #Xleds      1 2 3 

     #To set the LeftAlt to Meta, RightAlt key to ModeShift,  
     #RightCtl key to Compose, and ScrollLock key to ModeLock: 

     LeftAlt        Meta 
     RightAlt        Meta 
    ScrollLock      Compose 
    RightCtl        Control 

 # To disable the XKEYBOARD extension, uncomment XkbDisable. 

     XkbDisable 

 # To customise the XKB settings to suit your keyboard, modify the 
 # lines below (which are the defaults).  For example, for a non-U.S. 
 # keyboard, you will probably want to use: 
 #    XkbModel    "pc102" 
 # If you have a US Microsoft Natural keyboard, you can use: 
 #    XkbModel    "microsoft" 
 # 
 # Then to change the language, change the Layout setting. 
 # For example, a german layout can be obtained with: 
 #    XkbLayout   "de" 
 # or: 
 #    XkbLayout   "de" 
 #    XkbVariant  "nodeadkeys" 
 # 
 # If you'd like to switch the positions of your capslock and 
 # control keys, use: 
 #    XkbOptions  "ctrl:swapcaps" 

 # These are the default XKB settings for XFree86 
 #    XkbRules    "xfree86" 
 #    XkbModel    "pc101" 
 #    XkbLayout   "us" 
 #    XkbVariant  "" 
 #    XkbOptions  "" 

    XkbKeycodes     "xfree86" 
    XkbTypes        "default" 
    XkbCompat       "default" 
    XkbSymbols      "us(pc101)" 
    XkbGeometry     "pc" 
    XkbRules        "xfree86" 
    XkbModel        "pc101" 
     XkbLayout       "us" 
 EndSection 

 # ********************************************************************** 
 # XInput section 
 # ********************************************************************** 

 Section "XInput" 
   Subsection "Mouse" 
      Protocol "IMPS/2" 
      Port   "/dev/input/mice" 
      Device "/dev/input/mice" 
      DeviceName "Mixed USB Mouse" 
      ZAxisMapping 4 5 
      AlwaysCore 
   EndSubsection 
 EndSection 

 # ********************************************************************** 
 # Pointer section 
 # ********************************************************************** 

 Section "Pointer" 
     Protocol    "PS/2" 
     Device      "/dev/mouse" 

 # When using XQUEUE, comment out the above two lines, and uncomment 
 # the following line. 

 #    Protocol "Xqueue" 

 # Baudrate and SampleRate are only for some Logitech mice 

 #    BaudRate 9600 
 #    SampleRate 150 

 # Emulate3Buttons is an option for 2-button Microsoft mice 
 # Emulate3Timeout is the timeout in milliseconds (default is 50ms) 

     Emulate3Buttons 
     Emulate3Timeout    50 

 # ChordMiddle is an option for some 3-button Logitech mice 

 #    ChordMiddle 

 EndSection 
   
   

 # ********************************************************************** 
 # Monitor section 
 # ********************************************************************** 

 # Any number of monitor sections may be present 
 Section "Monitor" 
     Identifier  "LCD" 
     VendorName  "Toshiba" 
     ModelName   "Libretto 100CT" 
     HorizSync   31.5 - 40.0 
     VertRefresh 50-100 
     Modeline "800x480" 35.26  800  864  928 1088  480 488 493 521 +hsync
+vsync 
 EndSection 

 # ********************************************************************** 
 # Graphics device section 
 # ********************************************************************** 

 # Any number of graphics device sections may be present 
 Section "Device" 
     Identifier  "NM128ZV+" 
     VendorName  "NeoMagic" 
     BoardName   "NM2097" 
     Option     "intern_disp" 
     Option     "no_stretch" 
     Option     "override_validate_mode" 
 EndSection 

 # ********************************************************************** 
 # Screen sections 
 # ********************************************************************** 
 Section "Screen" 
     Driver      "svga" 
     Device      "NM128ZV+" 
     Monitor     "LCD" 
     DefaultColorDepth 16 
     Subsection "Display" 
         Depth       8 
         Modes       "800x480" 
         ViewPort    0 0 
     EndSubsection 
     Subsection "Display" 
         Depth       16 
         Modes       "800x480" 
         ViewPort    0 0 
     EndSubsection 
 EndSection 
----------------------------------------------  


モデム

    内蔵モデムはWinmodemである(えっへん)
http://linux.toshiba-dme.co.jp/ML/tlinux-users-j/500/567.htmlに書いてある
通りhttp://www.linmodems.org/linx565a.zipをダウンロードし、READMEに書いて
ある通りやってみる。「カーネルのバージョンちがうやないか」とか怒られるが
、再起動(いちおうね。気休めなのかもしれないけど)。なんと問題なくppxpでプ
ロバイダに繋ぎにいった。



USBーFDD(USBコネクタ接続)について

  USB-FDDは、scsi扱いになっているので、デバイス名はsdaと指定する。 
      mount -t msdos /dev/sda /mnt/floppy
        *msdosフォーマットのFDをマウントする場合。 

  /etc/fstabに書いちゃいましょう。
       /dev/sda /mnt/floppy auto noauto,owner 0 0
	この1行を追加。
  これで 「mount /mnt/floppy」でマウントします。



PCMCIAなCD-ROMドライブ

  インストールのときに使用したIBMのCD-20Xをそのまま使用。
  これは /dev/hdeと認識します。rootになって /dev/hde が /dev/cdrom に
  リンクしてあることを確認したうえで、 /etc/fstab を確認してみます。
	  /dev/cdrom /mnt/cdrom iso9660 noauto,owner,ro 0 0
  この1行があればOK、なければ追加。これで「mount /mnt/cdrom」でマウントします。


サスペンド

Libretto ff 1100Vの場合ハイバネーションはWindowsと一心同体らしい。じゃあ
サスペンド。基本的に "apm -s" でいくのだけど、その前にUSB機器とPCMCIA
カードを抜きましょう。そうしないと戻ったとき固まる。これはWin98WEの時でも
起こります。でもsuしてコマンド打つのもめんどい。出来たら蓋を閉めたらサス
ペンド。これでしょ。
http://www.hf.rim.or.jp/~tayamagu/cutting/libretto.htmlに書いてあることを
しました。 

   1.ESCを押しながら起動。 
   2.F1を押すとBIOSの設定画面になる。 
   3.Power-up mode を Resume にする。 

これで蓋を閉めるとサスペンドします。 


Toshiba Linux Utilities

    サスペンドだけじゃなくてファンを回すだ止めるだディスプレイの明るさだ
と、設定をしたいことはいっぱいある。ここで登場するのがToshiba Linux
 Utilitiesでございます。
http://www.buzzard.org.uk/toshiba/toshutils-2.0.tar.gzをダウンロードして
入れましょう。