TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません

 
DynaBook T3/410PMEへTurbolinux 7 WS


Turbo Linux 7 Workstationの場合、ドライバが対応していなくても、カーネルのフレーム
バッファを利用すれば、X Windowが正常に起動しました。



<フレームバッファを利用する設定>

1. DynaBook T3において、Turbo Linux 7のテキストモードのインストーラ
 を使用して、本ソフトウェアをインストールする。インストール途中で、
 グラフィックアダプタが誤認識されるが、それは、気にせずに、最後まで
 インストールを行う(とにかく、最後まで、インストールしてしまうこと
 がポイント!)

  ※ 当然、このままでは、X Windowは起動しない。そこで、次の手順で、
  フレームバッファを利用する。

2. Linux を起動する。
 起動時にLILOの画面で[ESC]を押し、コマンド画面を表示させる。
  ここで、
   boot: linux vga=ask
   (起動名がlinuxの場合)
 と入力する。

3. Press <RETURN> to see video available, <SPACE> to continue or 
  wait 30 secs
  と表示されたら、[Enter]キーを押す。画面に一覧が表示される。

4. 次のように、「317」を入力する。

 Enter mode number or 'scan': 317

5. コンソール画面がフレームバッファモードで起動され、先頭にペンギン
 のイラストが表示される。rootユーザでログインする。

6. /etc/X11/XF86Config の設定を変更する。
 Section "Device" の Driverに記述を追加(or 変更)する。

 ---------------------------
  Section    "Device"
    Identifier   "Card0"
    Driver       "fbdev"    <-- ここを追加
    ### Available Driver options are:-
  EndSection
 ---------------------------

 (添付ファイルは、変更済みのXF86Configです)

7. startxを実行する。
 X Windowが画面に正しく起動されることを確認する。

8. X Windowが正しく起動することが確認されたならば、常にフレームバッファ
 が有効になるように設定を行う。/etc/lilo.conf に以下の記述を行う。

 ---------------------------
  ...
  default=vga

  image=/boot/vmlinuz
        label=vga
	read-only
	vga=791    <-- ステップ4で入力した画面モードを10進数で指定。
	root=/dev/hda5
 ---------------------------


9. 設定ファイルを変更したら、
  # lilo -v
  を実行し、設定を反映させる。

10. Linuxを再起動する。liloの起動画面に'vga'というラベルが表示されている
 ので、これを選択する。X Windowが正常に起動されることを確認する。


参考URL:
  http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/474.html



<XF86Config>

#
# XF86Config generated by xconfig
# Please do not edit this file by hand!
# Run xconfig to make changes to the X configuration.
# For advanced users, details about the format of this file
# can be found in the XF86Config man page.

Section	"ServerLayout"
	Identifier	"Default Layout"
	Screen		0 "Screen0" 0 0
	InputDevice	"Mouse0"	"CorePointer"
	InputDevice	"Keyboard0"	"CoreKeyboard"
EndSection

Section	"Files"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi/:unscaled"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi/:unscaled"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/local/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/extra/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/latin2/75dpi/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/latin2/100dpi/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/latin2/misc/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Type1/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/Speedo/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/CID/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/PEX/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/75dpi/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/tt/"
	FontPath	"/usr/X11R6/lib/X11/fonts/unicode/"
EndSection

Section	"Module"
	Load		"dbe"
	Load		"extmod"
	SubSection	"extmod"
	  #Option	"omit xfree86-dga"
	EndSubSection
	Load		"type1"
	#Load		"freetype"
	Load		"xtt"
	Load		"bitmap"
	Load		"speedo"
	Load		"pex5"
	Load		"GLcore"
	Load		"glx"
	Load		"dri"
	Load		"record"
	Load		"xie"
EndSection

Section	"InputDevice"
	Identifier	"Keyboard0"
	Driver		"keyboard"
	Option		"AutoRepeat"	"500 30"
	Option		"XkbRules"	"xfree86"
	Option		"XkbModel"	"jp106"
	Option		"XkbLayout"	"jp"
EndSection

Section	"InputDevice"
	Identifier	"Mouse0"
	Driver		"mouse"
	Option		"Protocol"	"PS/2"
	Option		"Device"	"/dev/psaux"
	#MouseName	"Generic - 3 Button Mouse (PS/2)"
EndSection

Section	"Monitor"
	Identifier	"Monitor0"
	HorizSync	40-70
	VertRefresh	31.5-48.5
	#VendorName	"Generic"
	#ModelName	"Laptop Display Panel 1024x768"
EndSection

Section	"Device"
	Identifier	"Card0"
	Driver		"fbdev"

	### Available Driver options are:-
EndSection

Section	"Screen"
	Identifier	"Screen0"
	Device		"Card0"
	Monitor		"Monitor0"
	DefaultDepth	16
	SubSection	"Display"
		Depth	8
	EndSubSection
	SubSection	"Display"
		Depth	15
		Modes	"1024x768"
	EndSubSection
	SubSection	"Display"
		Depth	16
		Modes	"1024x768"
	EndSubSection
	SubSection	"Display"
		Depth	24
	EndSubSection
EndSection

Section	"DRI"
EndSection

# End of XF86Config.
# Configured by xconfig
# Configured date: