TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません


		

Satellite M45-S265にFedora Core 4

(海外ユーザからの情報)

(kernel 2.6.12.5使用。2.6.12-1.1447_FC4でも同じような結果が得られた)
KB
Y
問題なし
Mouse
Y
問題なし。USB logitech mouseでも問題なし。
Display
Y
vesaドライバサポートで動く。スクリーンタイプをLCD- 1280x800とすれば、ワイドスクリーン・フォーマットをサポート。xorg.confを参照
Sound
Y
いくつか問題あり。ブート中、irqがkernel 2.6.9で無効となる。カーネルをアップグレードし、alsa config fileを変更。(ファイルの終わりを参照)
現在は問題なく動く。同時に2つのソースを再生できる(video-lan clientとxmms)。
必ずalsamixerの外部アンプをオンにし、headphone jack senseをオフにすること。
私の次の目標は、外部Philips Aurilium 5.1 usb sound cardを動かすことです。
HDD
Y
以前のカーネルではいくつか問題あり。2.6.13.1でも同様の問題あり。
このテーブルの後のアウトプットを参照。
DVD-RW/DVD-ROM
---
DMAを有効にできず。(他に何もしていなければ、DVDの再生はOK)
焼きテスト未実施。
PCMCIA
---
テスト未実施
USB
Y
問題なし
Modem
---
未テスト(動くかどうか興味なし)
Shutdown
N
今のところ動かず
Reboot
Y
動作確認
Hibernation
---
未テスト(モジュールあるかどうかも分からず)
NTFS
M
read-onlyで動作確認
Fn-Key
M
fn-fxモジュールで問題あり。調査要。
ACPI
Y
問題を解決するため、カーネルオプションにacpi=noirq pci=usepirqmaskを使用する必要あり。
LAN
M
sk98lin moduleを使用する必要あり。動作確認
Integrated wireless
M
http://ipw2100.sourceforge.net/のフリードライバipw2200を使用