TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません

Satellite A60-142にFedora Core 3

Fedora Core 3で、ほぼ完璧なインストールを行うことが出来ました。
Anacondaで、モニタをLCD 1024x768に指定する必要があります。

若干調整の必要あり。

サウンド
/etc/hotplug/blacklistへ"snd-atiixp"と"snd-atiixp-modem"を追加。
そして/etc/rc.d/rc.localへ"modprobe snd-atiixp"を加える。
その後ミキサーを開いてボリュームを上げる。(デフォルトでミュートの状態になっている為)
ALSAを使用。

Atheros無線LAN
http://madwifi.otaku42.de/の最新MADWIFIドライバを使用。
そのドライバをコンパイルするには、Fedoraの開発パッケージが必要になります。
sharutilとwireless-utilをインストールして下さい。
/etc/rc.d/rc.localに"modprobe ath_pci"を加えると、再起動の際、Kudzuが残りの処理を
やってくれます。

やる事
ACPIサポートのいくつかを改善する必要あり(例:再起動出来ない、常にスィッチがoffの状態)。
次回のカーネルではそれも対応可能となっていると思いますが・・・。