TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません


Satellite A105-S2071にFedora Core 5

Toshiba Satellite A105-S2071 に Fedora Core 5 をインストールしました。
この機種のスペックは次の通りです。

CPU: Intel Celeron M Prossessor 390
Memory: 512MB DDR2 SDRAM
HDD: 80GB 5400rpm
DVD: SuperMulti drive
Display: 15.4" TruBrite, WXGA
Video card: ATI Radeon Xpress 200M
LAN: 802.11b/g wireless
Wireless card: Atheros AR5212

1. Fedora Core 5 の DVD (カーネル 2.6.15-1.2054_FC5)からでは Video
Card が認識されないので、まず、英語テキストモードでインストールしまし
た。

2. それから、
# yum update
でカーネルを新しいものにアップデートし、
# startx
で gnome を起動させ、ディスプレーを 1280x800@60Hz に設定し、パッケージマ
ネージャで日本語パッケージを導入しました。

3. 新しいカーネル(2.6.17-1.2157_FC5 以上)では、ALSA ドライバも動作しま
すので、サウンドカードを設定すれば、音が出ます。物理的なボリュームは本体
手前の真ん中から右よりにありましたので、これを調整しました。

4. ワイヤレスカードを使うために、 カーネル 2.6.15-1.2054_FC5 ではカーネ
ルソースを
# yum install kernel-source-devel
としてインストールしましたが、アップデート後は、新しいカーネルソースも自
動的に導入されていました。madwifi を
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=82936 からダウン
ロード、解凍して、
# make
# install
で導入しました。

5. ワイヤレスネットワークの設定は「ネットワークデバイスのコントロール」
(/usr/sbin/system-config-network)を使って行いました。「新規→ワイヤレス
接続→ワイヤレスカード」と進みましたが Atheros AR5212 がリストに表示され
ませんでしたので、とりあえず「他のワイヤレスカード」を選んでおき、改めて
設定を変更しなおしました。

6. 電源の On, Off, Reset は問題なくできますが、Suspend モードは使えませ
ん。Fedora Core の起動時に
MP-BIOS bug: 8254 timer not connected to IO-APIc
という表示が出、作動中に、
ACPI Error (event-0312): No installed handler for fixed event
というエラーメッセージが出るのと関係がありそうです。