TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社


Satellite 2405-S201へFedora Core 3

 

Fedora CoreインストールCDを使用し、ハードドライブのパーティションを変更してWinXPを残しました。
Fedoraインストーラを使ってのノーマルなインストールでしたが、ハードウェアは自動的に認識され、
画面解像度・キーボード・言語種類を聞かれました。またMS Windows同様、タイムゾーンや夏時間
調整についての確認もありました。

その後、どのソフトウェアをインストールしたいのか、カテゴリーも聞かれます。

便利だと思ったので、Synapticと一緒に後からAptもインストールしました。これで、システム実行中
のものを更にコントロールする 事が可能となります。AptはFedora Core 3 Extrasの中にありました。
YUMは、Extrasからファイルを使用するのに変更する必要があります。ExtrasはもともとFedora Core 3
の一部ではありませんでしたが、後で付け加えられました。

FC3にはSelinuxが付いてきます。Fedora Coreファイルのインストールを開始すると、インストーラから
Selinuxをインストールするかどうか聞かれます。Selinuxは、ハイセキュリティーに開発されたLinuxの
バージョンです。インストールの際、"No"を選択しなければ、デフォルトによりインストールが行われます。
もし古い機種で動作が遅いか、メモリ容量が少なければ、Selinuxのインストールは"No"を選択して下さい。
そうでなければ、そのままインストールを進めて下さい。メモリが256MBというのは、これにとっては十分
大きな容量です。
私なら、メモリが少なかったり動作が遅い機種ではSelinuxをインストールしません。私のラップトップは
1700MHzで、Selinuxを無警告で実行します。

Fedora Core 3は、私のSatelliteで見事に動きました。
私が気づいた、コンピュータに起因しないマイナス面は今のところ3つあります。

1.HP製のオール・イン・ワン プリンタ/スキャナ(HPPSC-1210)を所有。スキャナの部分に問題あり。
2.D-Link 802.11g WiFiカード用にNdiswrapperを使用。カーネルが新しくなる度にアンインストールと
  リインストールを行わなければならない。
  新しいカーネルのFedora Core 3は、週1回か週2回の頻度でリリース。
3.スモール・ボイス・レコーダを持っているが、プラグインしても、Fedora Core 3が認識しない。

実行中、もしくはラップトップにプラグインして動いているものは:

1.HP製オール・イン・ワン プリンタ/スキャナのプリンタ部分
2.カメラ ニコン990
3.Buslink 外部ハードドライブ
4.Drawing tablet(ペンおよびマウス)
5.内蔵CDライタ
6.外部USB2 52x CDライタ(床に落とすまでは少なくとも動いていた・・・)
7.有線ネットワーク接続は自動
8.ロービングWiFi接続
9.USB2 PCMCIAカード(Firewireもサポートされていると思うが、Firewireのカードや装置は何もなし。
  私のラップトップはUSB1接続可能。USB2 PCMCIAカードを外部USB2接続用に使用)
10.あるソフトウェアを追加でインストールする事により、DVDで映画を鑑賞する事が可能。
11.DVDデータCDに追加のソフトウェアは必要なし。
12.DVDオーサリングは追加のソフトウェアなしでサポート
13.音楽鑑賞
14.音楽作曲
15."Wine"プログラムを使用して、MS WindowsのプログラムをLinux上で実行する事が可能。
   Wineはダウンロード可能な別のプログラム。WineからはFC3特別版が出ている。
16.当然ながら、沢山のOfficeソフトウェアとWebページオーサリング・ソフトウェアあり。
17.映画や写真の編集、有名な"Gimp"が含まれたいくつかのプログラムあり。
18.ついでに言うと、KDEは指導・学習用の教育プログラムを提供します。
19.FC3で次のデスクトップを使用:Gnome 2, KDE, and Xfce

まるで宣伝ですね?
ともかく、

私はほぼ1年と半年をかけて、様々なオープン・ソースOSを使用してきました。去年の夏に
RedHat9を入手、また去年の秋にはFedoraへ切り替えました。テストベッドとして、233MHzで6GBの
ハードドライブの古いラップトップを使用しました。リーズナブルなシステムに満足したところで、
毎日使用している東芝機種のパーティションに、そのシステムをインストールしました。

今のところ、MS Windowsからはまだ完全に切り替えられていませんが、
インターネット利用(タイム)の99%をFC3で使用中です。これの方がより安全です。

実際、MS Windowsを使用するだけのプログラムは3〜4あります。
それらの1つは、偶然にもHPのAll-in-One PSC-1210でのスキャニング用に使用されています。