TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません

DynaBook Satellite 2140 K45/2SCA に
Fedora Core 1




DynaBook Satellite 2140 K45/2SCA に Fedora Core 1 をインストールしました。

http://www.elink.co.jp/nttcom/dynabs.html

NICは、Corega の EtherII PCC-T を CardBus で使っています。

http://www.corega.co.jp/product/list/lanadp/e2pcct.htm

インストール時の注意点

(1)BIOSの設定変更が必要

PCMCIAスロットをCardBusモード固定で使わないと、OSのPCMCIAカードサービスが機能しません。

ESCを押しつつ電源ON→F1キーでBIOSセットアップメニューを呼出し、PgDnボタンを押してページをめくり、PC CARD の
Controller Mode を CardBus/16-bit に設定し、Endキー→Yキーを押して確定する。

(2)インストールは通常手順で問題なし

インストールはCD-ROMブートで可能です。ディスプレイはLCD 800x600を指定。
インストール中はNICを差し込まずに行います(インストール終了後に設定変更して認識させる)

(3)インストール後の設定変更について

起動時にPCカードNICを認識させるために、設定変更が必要です。
root でログインして、下記設定の変更を行います。

A)/etc/pcmcia/config.opts の書き換え

下記の部分のコメントアウトを解除します。

# High port numbers do not always work...
# include port 0xa00-0xaff

# High port numbers do not always work...
include port 0xa00-0xaff

B)/etc/rc.d/rc5.d 内のファイル名書き換え

ブート処理の順番を入れ換えて、PCMCIAサービスの初期化がNetworkサービスの前に行われるようにします。

cd /etc/rd.d/rc5.d
mv S10network S11network
mv S24pcmcia S10pcmcia


以上の設定作業で、Fedora Core 1 を利用することができるはずです。