TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社


dynabook SS SX/120LNLWへFedora Core 1


 本日、東芝dynabook SS SX/120LNLWにLinuxのインストールを行いましたのでご報告いたします:

 Linuxディストリビューション:Fedora Core-1
 メモリ:256+512 MB

 【インストール状況】
 パーティション作成後、WindowsXPの管理ツールにて作成したパーティションを「拡張領域」に変更。
 その後、CD-RからFedora Core-1をインストール。
 Disk Druid使用で拡張領域にルートパーティション(約3.5GB)、スワップパーティション(約1.5GB)、/homeを作成(約10GB)。
 マウスパッドなどは、自動的に3 button / PS2が選択されたのでそのままでインストール(3ボタンのエミュレーションあり)。
 グラフィックドライバはそのまま自動認識。
 モニター画面は未検出となったので、LCDパネルの1024x768を選択すれば問題なくインストール可能。

 【使用状況】
 まだテストし始めなので何ともいえない(無線LANなども未テスト)。
 ごく普通にLAN環境下で用いるにはまったく問題なく使えそう。