TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート

DynaBook SS S8にRedHat 9.0


WinリカバリCDもなく、緊急用Diskが作成できるFDDもなく、デュアルブート設定に
かなり危険な香りが漂うSシリーズですが、Dynabook SS S8でWin-XpとRedHat9.0のデュアルOS
ができましたので手順を紹介します。
また、RedHat起動は確認しましたが詳細は未確認ですので悪しからず。

<構成>
本体:S8/210LNKW
メモリ:256+512=768MB
純正CD-RW/DVD−ROM IPCS053A(USB)
OS:Win-XP Professional, RedHat9.0

<パーティション変更後のHDD構成>
/dev/hda1 WinXp C: 18GB (NTFS)
/dev/hda2 Linux /boot 約0.3GB (ext2)
/dev/hda3 WinXpリカバリ領域(隠しパーティション) 約2GB
/dev/hda4 swap 768MB (swap)
/dev/hda5 Linux / 8GB (ext2)
/dev/hda6 Linux/Win共用(vfat) 1.5GB 
/dev/hda7 WinXp D: 9GB (NTFS)
注) /dev/hda6においてデータ共用できるかは未確認

<手順>
0.バックアップ
  FDDがないので〜とりあえずHDDをごっそり外付HDDにコピー

1.WinXPインストール
 /dev/hda1にインストール (っていうかこの状態が初期購入時やっ)

2.パーティション作成
 本体マニュアルを読むと”0”を押しながら電源ONすると選択肢がでてきて、
 Win-Xpリカバリするか、パーティション切るかを選択できるとあったが、
 パーティションを切る選択肢がでてこない!ので、別手段をとることに。
 (間違って2回ほどWin-Xpを再インストールしてしまいましたよ、はっはっは)
 LinuxをCDからレスキューモードで立ち上げ → resizeコマンド&partedコマンド
 といった方法もアルみたいですが、そっち方面は明るくなく、バックアップ態勢が
 万全でないのでこれもやめて、結局市販ソフトの力を借りることにし、
 Partition Magic8.0を使用
 (リカバリ領域を壊さないよう上記パーティションを設定)

3.Linuxインストール
 ・上記CD-RWよりCボタン押しながら電源ON
 ・インストールイメージのある場所を聞いてくるので、USBドライバっぽいのを選択し
  イメージ元にCD-ROMを選択したら問題なくインストール画面が起動
 ・キーボードjp106 、マウス=Microsoft スクロールマウス(USB)設定を選択(ホントはUSBエレコム製を使用)
 ・なんか怒られるけど無視して/dev/hda2を/boot に、/dev/hda5 を/ にマウント設定。
  /dev/hda6はここでvfatにフォーマット変更。あとswap設定もする。
 ・GRUBは/dev/hda2の先頭にインストールするよう設定
  (MBRでも別手段でデュアル設定が可能と聞くが、MBR書き換えてリカバリできなくなるのがコワイのでやめた)
 ・FDDがない〜ので起動ディスクを作成せずにそのまま終了しWin-Xp起動

4.Win-Xpブートローダの設定
 ・PartitionMagic8.0に付属のBootMagicを使えば楽にデュアルOSの設定ができると思いこんでいたが、
  PartitionMagicのマニュアルに、「隠しパーティションのある一部の東芝PCには、BootMagicを使用しない
  ほうが良い」とあったため泣く泣く断念。
 ・しかたないので〜bootpart25をネットからダウンロードし、Win-XPの\C:直下にコピー
 ・コマンドプロンプト立ち上げ、
  \C:bootpart
  により、パーティション設定確認。
 ・/dev/hda1 = 0 , /dev/hda2 =1 ・・・とか番号がついているはずなので、
  番号「1」がGRUBをインストールしたディスクであることを思い出しながら、
  \C:bootpart 1 bootsect.pbr "Red Hat Linux 9.0"
により、Linuxブートローダをファイル化してWinXpのローダから起動できるよう設定した(・・・はず)
  ” ”の中身は起動時の表示用なのでテキトーOKです。
 ・\C:直下にbootsect.pbrができているのを確認し、
 ・\C:直下のboot.ini ファイルを開いて /dev/hda2 bootsect.pbr "Red Hat Linux 9.0" だったか
  が最後に付け足されているのを確認して電源OFF

5.RedHat起動
 ・祈りながら電源ONすると、Win-Xpロード画面でWin-XPとRedHatが選択できるのでRedHatを選択
  そのときのタイムアウトとデフォルトは上記boot.iniファイルで指定できるみたい。
 ・ほんでもって無事RedHat起動!

(その他気付き事項)
・Win-Xp/Linux切替時には再起動ではなく一度電源OFFしないと
うまく起動しないことが多い気がする。
(BIOSから立ち上げ直さないとダメなのか??)

・RedHatの詳細設定はまだ行ってないが、サウンドカードも一応認識してくれているようだし、
 マウスも普通に使えています。現状キーボードのチャタリングもなし。
 でも画面は800*600で認識されていたかも。

では、取り急ぎ報告ということで、ここまで。