TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社

動作確認レポート
はありません

機種: SS S7
ディストリビューション: FedoraCore2

FC2のインストーラーはグラフィックをVESAと誤認してインストールしてしまうので
そのままだとX windowは配色が崩れ、非常に読み辛い環境になってしまいます。

フレームバッファを使って動作させる方法は既に既知の事ですが、
以下のサイトでTrident CyberBladeXP4に対応したドライバが配布されていますので
これを使う様に設定を直す事でXを16bitで動作させることが可能になります。
http://www.cl.cam.ac.uk/~pb/TR100/

必要なのはtrident_drv.oとXF86Config-trident(CVS trident driverという辺りに
あります)。
trident_drv.oを/usr/X11R6/lib/modules/driversのtrident_drv.oに上書きし、
XF86Config-tridentの中身を参考に/etc/X11/Xorg.confを設定し、Xを再描写させる
と有効になります。

私の場合はvga=791等のパラメーターは指定せずに使えています。