TOSHIBA
東芝Linux情報ページ
 

東芝Linux情報サイト by 東芝デジタルメディアエンジニアリング株式会社


(メーリングリスト [tlinux-users-j:02904] Vine-2.5 on SS2000 より)


Portege 2000へVine 2.5


Portege 2000 については前モデルS4の詳細なインストール情報が既に
掲載されています。ハード的には S5 もほとんど同じようです。Vine-2.5
については情報が無いので、ここに記します。

★総評

モデム以外の必要なハードウェアはほぼ使用でき、また3年間つき合っていけ
そう。Fn + F2 で省電力設定を切替えられないのは残念。よって、
tuxtime-conf と wmtuxtime は必需。

Dynabook SS2000 DS80P/2 (企業モデル、WinXP-Pro, CFスロットつき)
(ハードウェア的には一般モデルの S5/280PNLNモデルと同等)

★Vine-2.5 インストール
純正USB CD-ROM (PACDD001) C 押しながら起動でブート
プロンプトから text expert で正常にインストール可能
fdisk は画面が乱れて使用不能
Disk Druid で基本パーティション2つ作成後 添付CD-ROMにて Win-XP リカバリー
普通にリカバリーを行うと、先頭のパーティションにXPがインストールされる
再度Vine CD-ROMをブートしてインストール開始
lilo にて XPとデュアルブート

★XFree86-4.2.0
Vine インストール後 Xconfigurator で設定
Trident CyberBlade XPm を選択
1024x768x24bpp可能

★HDD
ALI15X3 ドライバは組み込まれていない
hdparm -t /dev/hda2 = 2Mbyte/s
CONFIG_BLK_DEV_ALI15X3=y
カーネル再構築後
hdparm -t /dev/hda2 = 14Mbyte/s

★FDD
純正USB-FDD U押しながら起動でブート可能
/dev/sda

★USB
USB1.1対応機器は手持ち(serial, mouse, storage)すべて認識&動作

★KEYBOARD
Fn + キーによる特殊機能は F5とカーソルキーのみ有効
チャタリングなし

★PCMCIA 
yenta_socket
無線LAN MELCO WLI-PCM-L11
orinoco_cs にて自動認識&動作

★APM
apm -s にてサスペンド、電源ボタンにてレジューム可能

★SOUND
trident.o
サスペンド&レジュームにより再生不能
/etc/sysconfig/apmd
RESTORESOUND="yes"
SOUNDMODULES="trident"
に変更して解決
kernelパラメータ CONFIG_APM_CPU_IDLE=y にてバッテリー駆動時に正常動作
しなくなるので注意が必要

★toshutils-2.0.1
tuxtime-conf はエラー窓が複数出現するが、Sound Controlパネル以外は設定
変更が反映される模様
wmtuxtime を起動しておけば、AC電源状態で高速(800MHz)、バッテリー駆動状
態で user setting (400MHz)に設定可能
System Configuration の Resume Mode チェックにより、電源ボタンでサスペ
ンド可能

★BATTERY
標準バッテリー、高輝度、頻繁HDDアクセス、高速状態にて 1:10持続
標準+大容量バッテリー、低輝度、低HDDアクセス、低速状態にて約5時間持続

★SHUTDOWN
電源断OK、リブートOK

★SD、CFカード
カードがないため未確認